「お墓を賢く探しま専科」でお墓を探そう!

お墓について調べているなら「お墓を賢く探しま専科」をご熟読ください。
当サイトのサイドメニューでお墓のお役立ち情報にご注目!

 

自分にとって最適なお墓を求めているのでしたら、何よりも交通便の良さをチェックしてください。
バズや電車などの公共交通機関の利用はどうなのか?また車で行った時の渋滞や駐車場などを確認してください。
いつどのタイミングでお墓を探しに行くのか人それぞれですが、知識を持たないままお墓を訪れるのは危険です。
大切なのは必要最低限の知識を勉強して、お墓管理者の話を聞くということなのです。

 

お墓のことについて知っておかなければいけないことが多くあり、基礎知識を勉強しておく必要があります。
特にお墓というのはどのような管理体制が行われているのかを調べることが大切なのです。

オリジナルパーカ
オリジナルパーカへ
http://www.edvan-print.com/item/list/?c=6




お墓を賢く探しま専科ブログ:26 4 2017
おれは人に近づくことがすごく苦手なタイプです。
小さい頃から友達を作ることが苦手でしたし、
転校など環境が変わるといつも孤立してしまいました。

好きな人が出来ても近づけない…
彼女に上手く自分を表現できない…
会社の上司にも距離を感じてしまう…
大人になれば両親とも何かしら距離を感じる様になる…

どうしておれは
いつもいつも人との距離に悩み苦しんでいるんだろう?
どうして人と人の間には距離が出来てしまうんだろう?

そんなおれには
現在二歳になるムスコがいます。
ムスコにも近所の友達や
公園での友達が出来てきました。

だけど彼らを見ていると
人と人との距離なんて、感じている様は見えません。
もちろんおれや奥さんに対しても、いつもあるがままでいます。

お父さんや母親だけでなく
道で出会う見知らぬおばさんにも微笑みかけています。
ムスコはまだ人との距離をちっとも感じずに暮らしているのです。

ずーっと昔の自分を思い返せば、
おれにもそんな時代があったような気がします。

母親に連れられ街を歩いていても、
電車に乗っても、バスに乗っても、
周りの大人は皆んな優しく微笑みかけてくれている。
そんな風に感じていた頃がありました。

何か困った事があったら誰かが助けてくれるし、
泣いていたら誰かが駆けつけてくれる。
デパートの店員さんはいつも笑っている。

その頃、おれは周りの誰とも距離を、
感じてなかったように思います。
どこに行っても
ありのままの自分でいられた様に思います。

そして街にも電車の中にもお店の中にも、
優しい人しかいない様に感じて生きていました。

でも…
大人になった今、街角はおろか、
一緒に暮らしている大切な奥さんやムスコにも
距離を感じることすらあります。

なぜなんでしょう?



お墓を賢く探しま専科 モバイルはこちら